プリニットの大航海日誌
「大航海時代online」のプレイ日誌です♪ 更新そっちのけでゲームしちゃってるかも・・・ 気長にまったり見てやってくださ~い♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

大海戦「ソコトラ編」

急にポルトガルが大海戦に参加することになって、かなーりバタバタ準備してたプリデス(´▽`)ドモドモ


さてさて、毎度毎度大海戦では色んな事が起きるもので・・・


(´-`)今回はメンバー募集してた艦隊にお邪魔させてもらったワケデスガ・・・
[影]ω ̄)ま、色んな人がいるよね・・・


大海戦において私の中で大事なのは「仲間を大事に、一緒に楽しむ」事デス
結果はあくまで結果であって、結果の為に仲間に負担をかけたり、大海戦に不慣れな
人たちが次の大海戦の時に二の足を踏むような過程であっては意味がないと
考えています。
色んな戦法や艦隊運営のやり方があって、どれが良くてどれが良くないか、
一概には言えません。・・・が!


・細かい戦法になればなるほど、「実行」する際の負担は大きくなる
・どんなやり方でも、自分がイケルと思うのなら、自分で「試させてもらう」
・大前提として、「仲間」と一緒に戦っているんだという事を忘れない
・負けた時、上手く行かなかった時の「言い訳」を準備しない


これくらいは大事な事だと思うんデスヨ
それぞれについて細かくは書きませんが、「自己満足」の為に他の人を巻き込む
(良くも悪くも)ような方法には賛同できません。
まず自分が「試させてもらって」、現場(戦場)で通用する方法なのかどうか、検討する「姿勢」が必要だと思いマス。


あと具体的な艦隊運営方法ではありませんが、どうしても気になった事が一つ。
よく「あそこは精鋭だから」「精鋭には・・・」と聞きます。


私は聞きたい
「精鋭」って何ですか?
模擬戦で固定メンバーを組んでいれば精鋭ですか?
MVPを出した艦隊が精鋭ですか?
その精鋭艦隊の人達は全てのスキルが50くらいあるんですか?
こちらの動きを全て把握してて、手も足も出ないんですか?


口癖のように言う人達に言いたい
「戦う前に言い訳するな。その時点で負けてるんだ。一生勝てない。」


ハナっから負ける気なのにグダグダ言うのは、見ててすっごくみっともないデス
強い事は強いのでしょう。そりゃ練習量が違うんだから当たり前です。
でも、相手だって人間です。どこかで隙を見せるかもしれません。
船だって、別に特別な船を持っているわけじゃありません。みんなも持てる船です。
大砲も装甲も同じ事。
それなのに最初から言い訳をしておいて、実際負けると「やっぱりね」
そんな心構えの先輩を見て、どの後輩(大海戦初心者さん)が「次こそは・・・」って
気持ちになりますか?
慣れた人程、そういう言い訳をしたがるように思えます。
「あそこは強いから、覚悟して、胸を借りるつもりで頑張ろう!」
って言えませんか?


後ろ向きの姿勢の人には、後ろ向きの結果しか出ません。
私は倒れる時も前に倒れたい。次に立ち上がった時に、目の前の壁を
乗り越えられるかもしれないから。その可能性を捨てたくないから。


以上、今回の大海戦で「思った事」デシタ(´▽`)


さてさて、後半はデスネ、最近の大海戦での「私なりのやり方」


まず準備編~ヽ( ´ ▽ ` )ノ
・名工(一日400個、3日で1200個)ただし、1日で3連戦する場合
・予備帆などの回復用品(400個)あると安心
・料理(艦隊回復系400個マグステ級?)あると安心
・船(用途によって増減・対NPC±0、対人-18トカ)できれば、経験者オススメの船が
いいかなぁ、特別な役割じゃない限り
・大砲(使いやすい大砲・できれば名匠)今だとカロネードかキャノンの2択のようデスネ
・その他(酔い覚まし・盟約の美酒など)イザという時や、船員補充の時に役に立ちマス


続いて艦隊行動編~ヽ( ´ ▽ ` )ノ
・艦隊の移動目的地は明確にしておく(基本的に提督に一任)
・ペアの時はどちらが本隊か援軍かを決めておく(ケースバイケースで交代)
・また、お互いの距離を確認しながら航行する(近すぎると援軍に入りにくいし、
離れすぎても遅くなって分断される可能性が高いデス)

・提督以外の人は提督が確認しづらい左右後方の情報(敵味方・NPCPC)を提督に
教える(船が見えなくても「船なし」と伝えましょう。提督の安心感が全然違います)
・ペア艦隊の時「プリニット隊↓」のように「SAY」で発言する(噴出しを見て、ペア艦隊がこちらの艦隊の位置を把握できます)
・時々料理を使う(いつ戦闘になっても行動力MAXで始められるように)


いよいよ戦闘編~ヽ( ´ ▽ ` )ノ
・まず自分が本隊なのか、援軍なのかを確認する(いつも援軍だったから、今回も・・・
とは限りません)

・スキルを発動(援軍側は合流したらまず修理を連打しましょう、ペアのピンチを
救えるカモヨ?)

・自分の役割を把握する(提督を護衛するのか、敵を沈めるのか)
・白兵は敵提督の足止め、味方提督に向かってくる敵の足止め(外科が大量に使われる大海戦では、混乱や外科支援がない場合を除いて決着が着きにくいデス)
・白兵→大錐(浸水)→撤退→味方砲撃の連携という方法が一般的に有効です
・時間稼ぎとして白兵に持ち込むのも手(提督はこの方法で撤退せずに味方が勝つのを待てます。相手が離れなければ・・・)
・味方同士での進路妨害を防ぐ(離れていればともかく、近ければ近い程、味方同士で
船がぶつかり、お互いが思わぬ方向に進んでしまう事がよくあります。敵ばかりでなく、
味方の船もよく見ましょう)

・味方を信じる(上の進路妨害にも大きく関係していますが、自分一人では絶対と言っていいほど沈められません。味方がクリティカルを取りやすいように、自分の船に注意を
向けさせる事も重要です。自分の戦功や撃沈数に捕らわれて、
チームで動いていることをお忘れなく)



最後に戦闘後編~ヽ( ´ ▽ ` )ノ
・戦闘終了時には「SAY」で自艦隊の名前を発言する(終了後のペアの合流前が
最も危険な時間デス)

・味方艦隊に被拿捕者がいたり、資材が切れていたりしたら、すぐに「解散」と
「連呼」する(「連呼」するのはチャットが高速で流れても提督に伝わるように、デス。
コレ他の時でも重要)

・解散後は提督が合流場所を伝える(2つの港の中間あたりで解散すると各自が
バラバラに動きがちデス。多少の距離は無視して提督の指示に従いましょう)

・酒場回復は絶対にしない、銀行も余裕のある時だけ(時間も大きな要素デス。行動力は料理で、お金はあらかじめ100万単位で持っておきましょう。名工などが切れて
しまったら、取りに行ける時を見極めて、それまでは周りの人がカバーしましょう。
その分使ったから無くなっているワケデスカラネ)

・ちゃっちゃか合流、ちゃっちゃか補給、ちゃっちゃか出撃(補給の量はあらかじめ「保存」しておくと便利デスヨ)



ε=(。・д・。)フー、こんなモンかな?
戦闘中の事は文章では書きづらいのデスガ、とりあえず書いてミマシタ。
でも、とにかく大事なのは「自分が落とせなくても味方が落としてくれればいい。自分達はチームなんだ」という気持ちを持つ事です。
「何やってんだよ!」「進路邪魔しないで><」「なんで~~しないんだヨ・・・」etc...
色々思う時もあるでしょう。
同じメンバーで訓練していない限り、そういった事は必ず起きます。


でも、待ってください。
あなた達はチームです。
個人成績を争う間柄ではないはず。
チームとしての勝利にたどり着くには、時には自分がサポート、時には味方がサポート。
お互いがお互いの動きやすい環境を作って、初めてたどり着けるんじゃないでしょうか?
それこそが、本当の「連携」じゃないでしょうか?
実際の旋回角度とか、位置取りとかは練習しないとできないかもしれません。
でも


「味方を、仲間を思いやる事。信じる事。」



それこそが、固定メンバーで戦闘に慣れている相手にも対抗できる手段の一つだと、
私は信じています。


「気持ちだけで戦果が出れば苦労しない」「甘い」そう言われるかもしれません。
でも、少なくとも私は、仲間を信じていたい。戦法とかの「形」からじゃなくて、
「気持ち」から仲間と戦いたい。
お世辞にもゲームが上手いとは言えない私の中の人は、いつも画面の前で
ワーキャー言いながらイッパイイッパイで操作してます。
そんな私にできる事は、自分を磨き、仲間を信じて戦う事だと。それこそが、数の暴力や精鋭と呼ばれている人達への、私の戦い方だと、そう思っています。



3日目はリアル用事で参加できなかったけど、両軍ともお疲れ様!!(´▽`)
次にポルトガルが参戦する時も、ヨロシクねーヽ( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト
【2007/10/01 00:01】 日記 | トラックバック(2) | コメント(3) |

コメント

あああ、身につまされる話です。(ノД`)
なんとなくわかった気がします。

艦隊ありがとうございました。
【2007/10/01 00:59】 URL | モジャ #RaJW5m0Q[ 編集]
モジャさん、コメントありとー(´▽`)
書いてる本人ができてるかどーかは別問題だけど、こんな気持ちで大海戦やってるですよー
また機会があったら一緒にやりまそーねー(´▽`)ありがと、そしてお疲れ様でしたー(´▽`)
【2007/10/01 01:03】 URL | プリニット #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/10/01 11:50】 | #[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

航海練習船航海練習船(こうかいれんしゅうせん)は外洋での航海術を習得するために建造もしくは改装された船である。航海術の習得を主な目的とした船では、独立行政法人航海訓練所の練習帆船日本丸や海王丸などがよく知られている。その他、漁業などの実習を目的とした船舶 船ちゃん!(せんちゃん)【2007/10/12 08:43】

今頃大海戦準備TIPS

 大海戦で貧乏になりました。ところで「貴族」という言葉はそこに雅でゴージャスな雰囲気があるかのような印象づけができる言葉ですが、むしろ「貧乏貴族」という様にひっくりかえして用いる方が実感がこもるな… Open OBANA in Notos, DOL 文字だらけブログ【2007/11/03 04:33】

PROFILE

プリニット
  • Author:プリニット
  • 「大航海時代online」の航海日誌です♪
    のんびり見てってください♪
  • RSS
  • 10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。